BT Labの記録がここにあります。

OSHINARI LIVEにおけるGoogle AdSense申請(4)

3/27に突如停止されてから1ヶ月ほど経過した4/27に広告の配信が再開されました。

 

その後、約1ヶ月経った現在、1200円/月くらいになってきました。

やはりPVの多い日と少ない日に波があるので、もう少し安定するように施策を打っていきたいと思います。

 

OSHINARI LIVEにおけるGoogle AdSense申請(3)

先日、Google AdSenseが許可され、利用を開始できたことお伝えしました。

が、なんと今朝、30日間の一時停止となってしまいました。

理由は、自分で広告をクリックしていたから、、、

 

いや、確かにクリックしましたよ。

どんなサイトに飛ばされるのか、どんな種類の広告が出てくるのかを最初いろいろ見ていたので。

 

迂闊でした。

自業自得ですが悔しいです。

 

30日間でアクセス数を増やしておきたいと思います。

OSHINARI LIVEにおけるGoogle AdSense申請(3)

先日、Google AdSenseが許可され、利用を開始できたことお伝えしました。

が、なんと今朝、30日間の一時停止となってしまいました。

理由は、自分で広告をクリックしていたから、、、

 

いや、確かにクリックしましたよ。

どんなサイトに飛ばされるのか、どんな種類の広告が出てくるのかを最初いろいろ見ていたので。

 

迂闊でした。

自業自得ですが悔しいです。

 

30日間でアクセス数を増やしておきたいと思います。

OSHINARI LIVEにおけるGoogle AdSense申請(2)

前回、2月18日にOSHINARI LIVEにおけるGoogle AdSense申請(1)という記事を書きました。

あの時は、申請して速攻でNGという連絡がきました。まあ当然ですね。当時は記事の数が10もありませんでした。

それから少しずつ記事を増やし、そろそろトライしてみようかと思った3月14日、再度申請を試みました。記事の数は20を超え、アクセスもそこそこ増えてきたタイミングでした。

f:id:oshinari:20170326154825p:plain

 

審査用のコードを貼り、待つこと1週間少々。

3月22日についにメールが届いたのです!

f:id:oshinari:20170326154936p:plain

 

まずは、Googleさんオススメの設定で広告の配信を開始しました。PCで見るとこのようになっています。広告ユニットと検索向けAdSenseというものが表示されているのがお分かりいただけるでしょうか。

f:id:oshinari:20170326155554p:plain

 

昨日、3月25日には、「小さな変更で大きくな違いを生み出しましょ」というタイトルのメールが届きました。設定を調整して収益を最大化しましょうというサジェッションでした。何とも素晴らしい心遣いです。

 

これからもどんどん最適化していきたいと思います。

www.oshinari.tokyo

 

 

 

東京オリンピック時代の多言語案内のあり方〜問題提起編〜

多言語案内のあり方というのは非常に難しいと考えています。

その理由は、大きく2つあり、一つは、「自国の言語を優先しなければならない」で、もう一つは「何ヶ国語対応すればいいか分からない」です。

それぞれを詳しく考えてみましょう。

 

まず、「自国の言語の優先しなければならない」からです。

例えば、日本国内にて、案内が英語しか存在しなければどうでしょうか?日本語の案内を求めて不平・不満が発生することは目に見えています。また、日本語と英語が同じフォントサイズで並んで書かれていたらどうでしょうか?おそらく現在の日本人の考え方からすると、わかりづらいと思ってしまうのではないでしょうか?

つまり、自国の言語を大きく書いて、他言語を書くのであれば、あくまでもおまけでなければならないというのが、現在の世論になるのではないかと考えています。

 

次に、「何ヶ国語対応すればいいか分からない」についてです。

東京では、せいぜい日本語と英語の2ヶ国語対応でしょうか。九州に行くと、それに中国語と韓国語が追加されて4ヶ国語に対応している場所が多いです。

f:id:oshinari:20170311152535j:image

 

つまり、どういった国から来る人が多いのかというところに依存して来るわけです。昨今の爆買いブームで中国人が多く日本に来ているかと思いますが、なかなか中国語に対応というのは見かけないものです。ハードルが高いのでしょうか。

つまり、日本に来る人はどの程度の言語を話せる(もしくは、理解できる)のかを定義する必要があるというわけです。

 

次回は、先日調査のために訪れたシンガポールの多言語対応と日本の状況を比較してみたいと思います。

はてなブログへの移行

これまで旅ブログをAmeba Blog(アメブロ)を使って書いていました。

しかし、今、はてなブログをProへUpgradeしており、10ブログまで作成できるということになるので、一通り、はてなブログに移行しました。

 

アメブロをはてなブログへ移行するには、どうやらFC2ブログを経由する必要があるようです。簡単な手順は以下の通り。

  1. FC2ブログのアカウントを作成する
  2. FC2ブログにて、アメブロからの移行を実施する
  3. FC2ブログをExportする
  4. はてなブログで取り込む

2.の作業は自動的に行われるのですが、比較的時間を要します。150 Entryほどで20分ほどかかりました。

Exportしたものはあくまでバックアップ的な位置付けになるため、画像のリンクが全てFC2に向いてしまいます。はてなブログにはそのまま取り込むと、画像だけはFC2を見に行ってしまいます。独自ドメインしておけば、一括で書き換えてくれたりもするようですが、その手順は面倒だったので、必要に応じて修正するとしましょう。

そんなこんなで移行は完了しました。

以下のブログをよろしくお願いします。

www.toshitabi.xyz

www.shinro.xyz

www.oshinari.tokyo

旅行者向け観光ルート提案(0)

R&Dとしては初めてのブログです。

 

BT Labでは、R&Dとしてサービス開発にも力を入れたいと考えています。やはり「何か新しいものを生み出す」ということと「分からないことを明らかにする」ということが好きだからです。というわけで、お付き合いいただけますと幸いです。

 

今、旅行者向け観光ルート提案というものについて考えています。

観光地には、移動中にふと通ると興味深い路地があったり、美味しいレストランを見つけたり、様々な出会いがあります。それらを数値化し、レコメンデーションプログラムにインプットすることで、オススメの観光ルートを作り出すという仕組み作りをしています。そこに混雑状況などのリアルタイム情報をインプットすると、よりリアルで最適な観光ルートを提案できるのではないでしょうか。

 

レコメンデーションプログラムを得意とする大学時代の友人と議論を重ね、どこかのタイミングでアウトプットしたいと考えています。

何かしら論文にできるといいなあ。